楽しみながらやらなければ損!仕事と子育て

仕事と子育てどっちも大切!

かつては、結婚したら女性は家庭を守るものとして、仕事を辞めて家事や子育てに専念する考えが主流でした。しかし、今ではこのような考え方の上に、女性も当然のように社会に出て、自分の持てうる能力をいかんなく社会に還元するべきだと考える女性も大変多いです。必然的に、子育てと仕事の両方を天秤にかけなければなりません。しかし女性にとっては、仕事も子育ても両方が大切であり、天秤にかけること自体がナンセンスなのです。

子育てと仕事の両立方法とは?

子育てと仕事の大切な2つを天秤にかけるなど、ナンセンスだと言っても、どうすれば無理なく2つの両立ができるのか、考える人も多いことでしょう。大丈夫です!自分が無理なくやれることを、やれるときにやればいいのです。夫や近所の人、ヘルパーさんなど手伝ってくれそうな人は、ぜひキープです。これは何かあったときのセーフティーネットです。もちろん、近所の人には日頃から、挨拶などしておく必要がありますがね。あとの家事は自分で無理がでないように、やってみるといいですね。

楽しみながらやるのが絶対必要!

モットーはどんなことでも楽しみながらやることです。ここで大切なのは、できなかったと言って、落ち込んだりしないことです。掃除ができなくても、できるときにできるだけやればいい。料理も、作れるときに好きな料理を作り、どうしても大変なら、スーパーなどのお惣菜やお弁当でもいいわけです。料理をはじめとする家事は、子育ての良い息抜きになります。この2つが車の車軸のように、うまくバランスがとれたら、充実感でいっぱいになるでしょう。「無理せず、楽しんで!」をモットーに、周りの風景を見るように、子育てと仕事を楽しんでいってください。

シングルマザーの仕事は、看護師や薬剤師などの資格を活かして働くことができる求人も多くなっており、子育てに理解のある企業も多いです。