保育士になるには保育士資格を取得すること!

保育士は誰でもなれる?!

保育士として働くには、保育士資格を持たないといけません。保育士は、業務独占資格だからです。では、どうしたら保育士資格を取得できるでしょうか。方法は2つあります。1つは保育士養成学校に通うことです。高校を卒業した人であれば、専門学校や短大、大学などの保育士資格養成課程が選べます。卒業と同時に資格を取得できるちゃうんです。学校では保育園実習などもあるので、卒業後には即戦力としてすぐに保育士として活躍できますよ。

保育士資格試験を受験しよう

2つ目が資格試験を受けて、合格するという資格取得の方法です。実は保育士試験は毎年行われているんです。最短で3か月とか半年とかで取得する人もいるんですよ。ただし!受験は大学や短大、専門学校を卒業していることなどが要件としてあります。移行措置として、平成3年以前に高校を卒業されている人は、上記の要件を満たさなくても受験することができますよ。全国保育士養成協議会の保育士試験事務センターにて、受験資格を簡単に確認することができますよ。

保育士になるのは難しいの?

保育士養成課程のある学校については、入学試験がありますので、学校ごとに難易度が異なります。保育士試験については、だいたい20%くらいの合格率です。実は、保育士試験は全部で9科目の試験があるのですが、科目ごとの合格ができるんです。ですから1回の試験ですべての科目を合格しなくてもOKです。最長で3年かけて合格できますよ!なお、試験には実技もあります。テストで合格したからと言って保育士さんにはなれないということですね。

近年では大都市を中心に、保育士不足が叫ばれています。保育士の求人を大阪で、と考える事業者が増えつつあります。