マンスリーマンションで一人暮らしをする時に知っておきたいこと

マンスリーマンションの特徴を知ろう

1990年代ぐらいからマンスリーマンションが増えてきていますが、都会では半径1キロ以内にマンスリーマンションがいくつか建築されていることが多いです。マンスリーマンションが増加したのは、一人暮らしをするときに便利だからという理由があります。また、出張などをするときに気軽に借りることができる点も大きなメリットと言えますね。マンスリーマンションは従来の賃貸住宅とは違い、初期費用が少ないため簡単に借りることが可能です。

マンスリーマンションのメリット

マンスリーマンションのメリットの一つは初期費用が安いことですが、それ以外にもたくさんのメリットがあります。例えば、入居の段階で、すでに電化製品や家具がそろっていることです。電化製品や家具が部屋の中にあるということは、引っ越しをして多くの荷物を持ち込む必要がありません。引っ越しをするときには引っ越し費用がバカになりませんが、その引っ越し費用を大幅に抑えてくれます。ただし、冷蔵庫などの大きさは満足できる大きさでないこともありますので、別途購入をしてもいいでしょう。

隣の家がうるさい時の対策

マンスリーマンションは、気軽に入居できる分住人の質が良いとは言えません。例えば、週末になると酒盛りが始まったりします。そうすると、仕事が終わって週末ゆっくり寝たいのに話し声や笑い声で眠れないことがあります。これを避けるためには、いかに防音対策をするかが大事です。簡単に防音対策をする方法は、壁に背の高い本棚などを置くことです。さらに、防音対策グッズも比較的安く売っていますので、ホームセンターなどに行って購入してみるのもいいかもしれませんね。

マンスリーマンションはビジネスホテルの代わりになるので気になる部屋を選ぶようにしましょう。そうすれば暮らしが変わります。