産後の仕事はどうする?産後休暇の後?育児休暇の後?

産後休業が終わったら復帰をする

妊娠の初期はまだ不安定な時期があります。その時は体調もあまりよくないこともあります。その後安定してくると仕事への支障は無くなります。でもさすがに産前となると働きにくくなることもあります。会社などであれば、産前産後は休ませないといけない決まりがあり、働きたくても働けません。産後の働き方として、産後休業が明けた後に働く場合があります。親が子供の面倒を見てくれる場合、夫が育児休業を取ってくれれば、女性でも仕事ができます。

育児休業が終わった時に仕事に戻る

会社では、産後や1歳までの子を育児する期間に対する休暇の決まりがあります。働いていないので会社から給料はもらえません。でも、健康保険や雇用保険からは給付が受けられます。育児休業は子供が一歳になるまでが基本なので、その後に会社に復帰をして仕事を始めます。会社の方でも復帰後のサポートをする義務があるので、働きながらでも育児をすることは可能です。必要に応じて早退をさせてもらえる場合がありますし、育児のための休憩をもらえる場合もあります。

通勤ではなく在宅勤務に切り替えてもらう

社員として仕事をするとき、通常は会社のオフィスに通勤をして仕事をします。仕事によっては、パソコンがあれば行えることもあります。出産を機会に、在宅勤務に切り替えてもらうことがあります。産前産後に関しては通常通り休ませてもらいますが、産後休業が終わった後から自宅で仕事をします。これによって、子育てもできるし仕事もできる環境が整います。出勤が必要ないので、その間に育児や家事、保育園への送り迎えなどいろいろなことに当てることが出来ます。

主婦のパートは一般的な業務の補佐として扱われることが多く、勤務時間が少なく時給額も低く抑えられる傾向があります。その一方で年収が一定額以上になると税率が上がることがあるので、就労の際は注意が必要です。