英語は外資系企業への転職の実現に求められる能力

英語を使用している国は多い

世界の中で英語を使用している国はたくさんあります。発音や言葉の意味など細かいところで異なる部分はありますが、話すことができればコミュニケーションを取る分には問題ないです。国内企業で働く分には基本的に母国語を話すことができれば問題ありませんが、外資系の企業で働く場合は様々な国籍の方々と仕事をすることになります。ですから、外資系企業への転職を目指しているのであれば、英語を話せるようになることが重要です。

ビジネスの現場で使用できる英語力が必要

外国の方々とコミュニケーションを取るだけならば片言の英語だけでも可能となっています。身振り手振りを加えることでより自分の意志を伝えることができます。しかし、ビジネスの現場においては片言の英語力では物足りないです。なぜなら、ビジネスにおいて意思の疎通が上手くできないことは企業の利益に影響を及ぼす状況が考えられるからです。そのため、外資系企業への転職を検討している場合には、ビジネスの現場で活かせる英語力を身に付ける必要があります。

英語力以外の能力も重視される

外資系企業では英語力だけがあれば採用されるわけではありません。他の仕事で活かせるビジネスの知識や経験も重要となります。選考を受ける企業の業種や採用になった場合の職種に関する知識や経験があれば、採用に向けてプラスの評価を受けられます。英語力は自身の努力次第で身に付けられますが、他の知識や経験は仕事の中で身に付けるしかありません。ですから、外資系企業への転職を成功させるためには転職前の企業にて実績を作る必要があります。

英語の転職に有利な資格はTOEICなど様々ありますが。資格がなくても留学などの海外での経験をアピールしてもよいでしょう。