ポイントを押さえて自分らしいビジネスライフを送ろう

独立するには行動力が大事

行動力は、独立において最も大事な要素の1つです。勤めている会社を辞めて自分の力で起業するわけですから、それ相応の行動力がないと話になりませんよね。「いつか独立して自分のお店を持ちたい」と言う人は多くいますが、計画を練って実行に移さなければ、当然夢は夢のままで終わってしまいます。自分で行動を起こすには、慣れるまではかなりの労力を要します。「気になることがあったらまず動く」ということを意識づけて日ごろから「行動力」を養っておきましょう。

ポジティブ思考が大事

独立には不安やリスクが付きまとうものです。これは、独立してからも常に続きます。安定した会社勤めを捨てて自分の夢を追うわけですから、ある程度のリスクは仕方ないものですね。疲れたりうまくいかないときはネガティブ思考に陥りやすいものです。ここをどのように乗り越えるかがポイントです。毎回落ち込んでいたら運気も逃げますよ。日ごろからポジティブ思考を心掛け、精神面にゆとりをもっておきましょう。追い込まれる前にストレス発散など何らかの対策を講じなければなりませんよ。

人の話を聞き入れる柔軟性が大事

人の話を聞かない人の話なんて、誰も聞いてくれませんよ。独立したからといって「自分の世界だけで生きていこう」というのは大きな間違いです。人の話を聞くことは社会人として基本的なことですよね。聞いたうえで、自分の頭の中で取捨選択すればいいだけなのです。自分の信念を曲げることはNGですが、頑固にならず柔軟な姿勢でいること、自分の引き出しを増やしていくことが大事です。いろいろな人の話を聞いて自分自身のスキルアップへとつなげていきましょう。

独立とは会社を辞めて起業したり、フリーランスとして働くことを指します。特に国家資格が必要な弁護士・会計士などの士業、医師・歯科医師などの医療関係の職種で多い傾向です。