家庭をお持ちの薬剤師の方は派遣として働く方法もある

自分のライフスタイルに合わせられる

派遣の薬剤師の仕事にはいくつかのメリットがあります。その中で家庭をお持ちの方にとって魅力的に感じられるのは、働ける時間を選べることでしょう。正社員として働いたら、そのようなことはできません。残業もあります。しかし、派遣の仕事だったら、契約している時間が来たら、終わりになります。働く曜日も自由に決められます。毎日働かなくても、週に3回程度でもOKです。例えば、歳をとったご両親を病院に連れて行かなければならない日は仕事を休んで、それ以外の日は働くようにします。派遣だったら、それが可能です。

日数を増やしたら報酬は低くならない

派遣として働く場合に気になるのは報酬だと思います。正社員よりは低くなってしまいます。しかし、極端に低くなるわけではありません。週に5日から6日働くようにしたら、正社員とほぼ同じ水準の給料をもらうことができます。ただ一つのデメリットは、ボーナスがないことでしょう。これを痛手に感じる方もいるでしょうが、その分自由な時間が増えるので生活を楽しむ余裕を持ています。正社員だったら仕事に追われて、毎日の生活のゆとりがなくなります。

人間関係に悩まなくても良い

派遣の仕事には他にもメリットがあります。人間関係に悩まなくても良いのは、大きなメリットです。派遣なので、契約が終わったら、その職場から出ていくことになります。そこでずっと働き続ける必要がないので、自分と相性の悪い人にずっと悩まされることはありません。職場の人間関係はどんな人でも悩みますが、派遣の働き方だったら、それを小さくできます。正社員の中には派遣の人を見下す人もいますが、契約が終われば、そんな人にもさようならを言うことができます。

薬剤師の求人は、薬局をはじめドラッグストアでも増えています。また、薬剤師の派遣という働き方を選択する人も多く、多様な働き方ができるようになっています。