内定をもらうためにメールでも差をつけよう!

就職活動は面接や筆記試験だけではない!?

高校生や大学生は卒業までに就職活動をして内定をもらう方も多いです。大学や大学院へ進学しない方は、通常のルートとして一般企業へ就職して働くことになります。そして、これから就職活動をする方は面接や筆記試験にも力を入れることは大切ですが、その他の部分でも他の応募者と差を付ける事が大切です。面接や筆記試験の結果が良ければ内定をもらうことが出来ますが、甲乙つけがたい人が二人居てどちらかを選ばなければ行けないという時になった、面接官はその他の部分で判断をすることもあります。

例えば身だしなみやメールマナーなどです。それらの部分が非常識だったりすると、それは採用にも影響を与えることがありますので、就職活動をする方は最低限のマナーを覚えた上でのぞみましょう。

ちょっとした心配りとしてメールで差を付けるのも手

そして、簡単に出来る差の付け方としてメールや手紙を活用する方法もあります。例えば採用面接のお礼のメールや手紙などです。大学生向けの就活サイトでは、企業とサイト内でメールでやり取りできる所も多いですが、それを通じて面接のお礼を送ったり手もあります。また、採用活動中に直接パソコンなどで採用担当者とメールをする機会があったら、その担当者に対しても一言お礼のメールを送っておくと丁寧です。

ちょっとした心配りですが、そのメール一つで採用担当者の心情が動くということも無きしもあらずですので、どうしても入りたい企業がある場合は、熱意を伝えるという意味でもやってみるのも手段としてあります。

中々内定をもらえないという方は、熱意を企業側に伝えるという意味でも、メールを一通送ってみてはいかがでしょうか。

新卒紹介のサービスが徹底している人材紹介会社においては、求職者のスキルの高さや適性、希望などに応じて、きめ細やかな対応が行われています。