保育士としての働き方は、人によってそれぞれ!?

保育士として活躍したい!

保育士として働くためには、まず国家資格を取得して、その後に都道府県の登録をして、保育士登録証の交付を受ければ、晴れて憧れの保育士として活躍する事ができるのです。たくさんの子供達と触れ合うので、遣り甲斐や楽しさを感じること間違いなしです。もちろん、いろんな子供がいるので、時には大変な時もあるかもしれませんが、元気で無邪気な子供達に囲まれていると、心も和むのではないでしょうか。そして、子供達の成長も間近で感じる事ができるのも、保育士の仕事の特権と言えるでしょう。

保育士としての働き方は

実は保育士としての働き方は、正社員としてではなく、パートとして働くというやり方もあります。パートは勤務時間がシフト制になっていて、勤務する時間はだいたい5時間ほどで、遅番と早番に別れていたりします。中にはパートでも、正社員の方と同じように長時間勤務を任される事があります。給与も、パートの方は時給制になっていて、ボーナスは出ない場合がほとんどですが、園によっては少しもらえる事もあります。ただ、仕事内容の方は正社員とはあまり変わらないところもあれば、正社員の方の補助が主な仕事のところもあります。そしてパートでも、正社員と同様、有給休暇と雇用保険もあります。中には子供を持つママが、パートで保育士として働いてる事もあります。保育士としての働き方も、人それぞれ、自分に合った園を見つけて、子供達に囲まれて楽しみながら働く事が非常に大切なのです。

保育士の求人なら東京の都市部で選ぶことで、給料や休日、福利厚生などの勤務条件が優れている職場を選びやすい傾向があります。