歯科医院で活躍している歯科衛生士とは!?

歯科医院に必要な存在

歯科治療を行う際に欠かせない存在であり、歯医者さんの看護師さんでもある歯科衛生士は、歯科医療現場に必要不可欠です。実は歯科衛生士は女性の方に人気の職業なのですが、その仕事内容とは一体どういったものなのでしょうか。

その業務内容とは一体

歯科衛生士は、患者さんの不安を取り除き、心に寄り添い、口の健康を守る専門職なのです。仕事の内容は、まず主に治療のアシスタントです。歯科医師が患者さんの治療を行う際に、治療が行いやすいようにサポートをします。そして、患者さんが虫歯にならないために歯を守る、歯科予防処置という大切な役割も背負っています。専用の器具を使ってクリーニングをしたり、正しい歯磨きのやり方を指導したりします。他にも治療に使う器具の準備や後片付け、レントゲン写真を撮影する際の補助など、歯科医院によっては受付業務を任される場合もあります。

歯科助手との違いは?

歯科衛生士の役目はたくさんあり、非常に重要な役割を担っているわけで、たまに耳にする歯科助手とは大きく仕事内容が違うのです。そもそも歯科助手と歯科衛生士は、大きく違います。どちらも同じようなものなのではと思うかもしれませんが、任される業務は大きく異なっています。まず、歯科助手は患者さんの口の中に触れる事は許されません。なので、任される仕事は主に、器具の片付けといった雑用や、受付での事務的な業務などです。そして決定的な違いは、歯科衛生士は国家資格が必要な事に対し、歯科助手は特に資格は必要ないのです。

もう少し人手が欲しい、と思った歯科医師は、その人手不足を補うために歯科衛生士の求人を募集するのです。新しく歯科医院を開業する場合も、求人募集します。